顔イボ消えてでは老人性イボと呼ばれる有性の腫瘍を取る方法について解説していきます。

別名、老人性イボはアクロコルドン・スキンタッグ・軟性線維腫と大きさなどにもよって呼び方は更に分類されます。老人性イボと呼ばれてはいることからも分かるように40代を超えた辺りから急激に増加する皮膚トラブルではありますが、たとえ20代でも発症をします。

原因が紫外線を浴びたことによる肌機能の低下などが関係をしている為、加齢と共に発生しやすいので年寄りイボとも呼ばれています。

足にできることの多いウイルス性のイボとは異なり、1個ではなく沢山のポツポツができる人が多いのが特徴となっています。顔イボは1個2個ではなく沢山できてしまうのが気持ち悪く感じる人は多いです。

からだに悪影響を及ぼす悪性の腫瘍ではないのですが、顔のイボは決して見た目が良いとはいえません。

そのため、顔イボ消えてでは自宅で薬や漢方などを使って除去する方法から病院での手術による治療まで解説をしています。特に最近では自宅でケアをしている人も多く、ヨクイニンと呼ばれる成分が配合されたクリームを使うのが人気となっています。

人気の方法だけ知りたいって方は下記をご覧ください。

顔イボを自宅で取る方法!薬やヨクイニンを使った方法

顔イボを自宅で取る方法としては薬を使った方法があります。

どれも錠剤または粉上の薬品でからだの内側から治す為の薬となっています。薬局やドラッグストアで市販がされているので、病院へ行かずと購入することができる市販薬です。

からだの内側からの改善となるため、顔イボや首イボなど全身の肌の改善を行うことができる薬です。そのため、顔だけでなく首や腕などにもイボがあるって人におすすめすることができます。

薬には種類は沢山ありますが、成分を見ると分かるのですが、ほとんど変わりはありません。主成分をヨクイニンと呼ばれるハトムギの種子から摂取される成分となっており、他にゼラチンなどの成分が含まれています。

評判の高い人気の薬

人気の薬としてはヨクイニン錠・イボコロリ内服錠・ヨクイニンエキス「コタロー」などがあります。地域密着型の薬局だと取り扱いをしていないことも多いですが、全国展開しているようなマツモトキヨシなどへ行くと販売されていることが多いです。

特にイボコロリ内服錠であれば取り扱いをしているドラッグストアは良く見かけることができます。

ただ、イボコロリの液体タイプに関しては使わないように気おつけてください。

液体タイプに関してはウイルス性イボへの薬となっており、皮膚の細胞を死滅させてしまい、ウイルスに感染している皮膚ごと除去する市販薬となります。そのため、顔イボや首イボへ使用することで付着した部分の皮膚が取れてしまうことになります。

箱の裏や注意事項にも書かれていますが、顔や首への使用は禁止となります。

顔イボの自宅ケアができるヨクイニンや杏仁オイルを使った人気の方法

自宅で顔イボケアができるってことで人気となっているのが、ヨクイニンや杏仁オイルが配合された老人性イボ用化粧水です。

クリーム・軟膏・化粧水・ジェルと形状は様々ですが、ヨクイニンまたは杏仁エキスのどちらかが必ずといって良いほど配合されています。

顔イボ用の薬に配合されている成分の多くがヨクイニンであるように顔イボ用の化粧品にも当然のことながら配合されています。他に杏仁エキスを配合している化粧品もあります。

通販限定で販売している商品が多いですが、薬と違って全身のケアではなく、顔イボのケアができることから利用者も多いです。

個人的に私も使ったことがあり、自宅でどうにかしたいって人にはおすすめの方法となります。

人気の顔イボ用のヨクイニンクリーム・杏仁クリーム

顔イボ用の化粧品といっても種類は多いです。

その中でも特に人気となっているのであれば『艶つや習慣』と呼ばれるものがあります。

私も使用をしたことがあるヨクイニンと杏仁エキスの両方が配合された化粧品ですが、今までに50万個以上が販売されているほど評判の良い商品です。

他にも2017年のイボケア部門で5冠を達成し、人気が上昇しているのが『クリアポロン』です。

2017年のアンケートで様々な分野で1位を獲得している為、今いきおいのあるヨクイニンクリームとなっています。

自分で取る方法についてもっと詳しく知りたい方へ

自分で顔イボのケアをするのであれば、おすすめは化粧品を使った方法です。

価格も安く、効き目を実感できた評判のヨクイニンクリームも多いです。私も使ったことがある艶つや習慣などは50万個も売れているような人気も高いです。

ただ、自宅でのケアについてもっと詳しく知りたいって人も多いかと思います。また、自分でハサミで切ってしまうのは駄目なのかなんて質問をされる人も多いです。

そのため、自分で取る方法についてもっと詳しく知りたいって方は下記で更に詳しく解説をしているのでご覧ください。

顔イボの自分での取り方

顔イボを病院で治療する方法!液体窒素や切る手術

顔イボの治療は病院でも行うことができます。

病院での治療する方法としては下記のいづれかの手術が行われることが多いです。

  • 液体窒素による治療
  • レーザーによる治療
  • ハサミによって切除

特に最近では液体窒素を使った施術を行っている医師も増えてきているといわれています。

綿棒に付けて顔イボに付けることで取ることができる為、初診日と手術日の2日間などで行われることが多いです。治療といっても大掛かりなものではないですが、少なからず傷跡として残ってしまう可能性はゼロではありません。

治療後に関しては自宅でのケアと同じようにヨクイニンクリームなどが処方されることもあります。

顔イボを取ることができてはいても原因である肌の改善が行えている訳ではありません。そのため、取れた後に関しても毎日のケアをしていくのが大事となるのですね。

病院での治療費!健康保険は使うことができる?

病院での治療費に関してはどの方法で取るかにもよって異なってきます。

液体窒素やハサミを使った方法であれば、イボの数が1個に対して500円程度の費用がかかります。この金額に診察費用の3000円程度がかかってくるので、顔イボの数にもよって大きく異なってきます。

レーザーによる治療に関しては5個で1万円程度の金額がかかると考えておくといいです。ハサミや液体窒素に関しては健康保険が使えることが多いですが、レーザーに関しては保険外となることが多いです。

他に診察料や麻酔の料金もかかってくるので、高額な治療と考えておくといいです。

病院での治療費に関してはどの皮膚科や美容外科に行くかによっても変わってきます。

病院での治療について詳しく知りたい方へ

病院での治療といってもレーザーや液体窒素など種類は多いです。

ハサミでの切除はどういった手術になるのかや痛みや傷跡なども気になる方も多いかと思います。

そのため、病院での治療方法について手術方法による特徴を個別に紹介をしています。
もっと詳しく知りたいって方は下記で更に詳しく解説をしています。

顔イボを病院で治療する方法

Copyright© 顔イボを自分で取る薬や病院での治療「顔イボ消えて」 , 2018 AllRights Reserved.